秋葉原で買い求めた、ジャンクなパソコン、周辺機器、パーツとの悪戦苦闘日記。
by dyna_akiba
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

平成19年08月31日(金)曇り

カバンの修理
 勤め人の当方は毎日鞄を持っていく。中は、リブレットやザウルス、MP3プレーヤー、そしてお弁当と、結構沢山入っているのです。だから、長年使っていると、いつも同じ場所が壊れて来ます。それは取手です。本革のしっかりした取手ですが、どうしても真っ先に壊れています。
 修理に出せば良いのですが、どこの世界でも同じで、修理すると新しい鞄が買えてしまうのです。それではと言うことで、自分で修理することにしました。
 東急ハンズに行って、革製品とその修理道具を見つけたのですが、これも結構なお値段でした。取手だけ修理しても本体の寿命も来るので、修理方法は簡易なやり方にすることにしました。偶然、秋葉の靴屋さんで革の半端ものが、ひと袋¥100で売っていたので、即ゲット。古い取手を除去し、新たなものを半端革で作成。意外に綺麗に出来たので、カバンが新品になった気分。
 早速、それを持って会社に行ったのですが、やはり決めるところを決めると気分良いですね。何か仕事がはかどった感じ。あくまでも気分的にですが。
f0075207_182783.jpg
HPへ
 
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-31 22:06 | Comments(2)

平成19年08月30日(木)小雨

子猫が
 帰宅途中の道端で、白黒の子猫が鳴いていた。じっと動かないで鳴いていた。おそらく母親を呼んでいたのだ。ネコのこの声は本当に可愛そうで、耐えられない。その為か、傍らに小学生らしき女の子が見守っていた。可愛そうで放置できないのであろう。子供は本当に小動物が好きなので、気持ちは良く分かる。当方は、遠目にこの二人を見守った。しかし、やがて暗くなったので、やむなく帰宅する。
 その昔、実家ではブチの猫を飼っていました。普段は楽しいペットとの暮らしだったのですが、猫はシーズンになると子供を産みます。可愛いのですが、放置すると家中猫だらけになるので、何とかしなければなりません。当時はもらっていただける人を探すのが簡単にはいきませんでした。電話等も無かったからです。
 たいていの場合、1、2匹はもらい手が見つかるのですが、それ以上はほとんど無理でした。その結果、当方の親がビク(竹の籠)に入れて遠くの山に持って行くのでした。すると、子猫は鳴きます。母猫は当然追いかけます。しかし、飼えません。とても悲しい別れでした。
 今なら、電話もあるし、いろいろな情報伝達手段があるので、飼い主探しももっと簡単に行えるでしょうが。当時は、貧しかったせいもあり、悲しい結末だったことを覚えています。
 悲しそうな子猫の鳴き声を聞いて、半世紀近くも前のことを思いだしました。
f0075207_1491350.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-30 22:46 | Comments(2)

平成19年08月29日(水)小雨

悲惨な事件が
 たった七万円を略奪するために、人の命を虫けらのように扱い、物のように遺体を処理する。そんな悲惨な事件がおきた。何が悲惨かというと、勿論被害者が受けた行為がであるが、もっと恐ろしいものが感じられる。それは、このような人間が出てくる社会のシステム的歪みというか、環境である。
 携帯を使いインターネットの掲示板で仲間を募り、ほんの少額で人の頭部をハンマーで殴って殺せる。この精神状態はいかなるものなのでしょうか。まさか、匿名の世界で知り合い、行動も匿名で最後分かれるまで他人でいるつもりだったのでしょうか。
 架空の世界と現実の世界、匿名の世界と実名の世界、何か区別しないでいると現実の世界がすべて匿名で架空の世界であるかのように思えるのでしょうか。そうでも、考えないと何とも短絡的な行動が理解できないです。
f0075207_132180.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-29 22:56 | Comments(2)

平成19年08月28日(水)晴れ

ハイビジョン用レコーダー
 液晶テレビを購入して驚いたのは、放送が沢山あること。ほとんどリモコンで操作するのですが、区分ボタンが4つもあります。一つは今までどおりの地上波A、画質は悪いのですが見慣れた放送です。次が地上波D、いわゆる地デジです。これは、奇麗ですね。ハイビジョンでなくても十分な画質です。ただ、まったくアナログと同じ放送では無いのですね。知りませんでした。同じ放送のときでも微妙な音の遅れがあるようです。次は、BSデジタル。これも、美しいです。しかも、地上波と同じように民放があります。ここにハイビジョンがあるのですが、これが最高の画質。本当に見入りました。最後はCSですが、契約していないので見られません。
 購入前は地デジと地上波は、まったく同じだと思っていました。違うのですね。また、BSも独自の放送で、結果的に本当に沢山の放送が見られます。
 面白いのはBSの民放は一見NHKのような放送をすることでしょうか。広告が入らないと気が付かない。そんな感じの放送が多いです。当方の好みばかりでもう大変と言った感じ。
 こうなると録画機がほしくなりますね。因に、昔のビデオデッキで録画してみましたが。液晶TVでは汚くて見られません。逆に昔のTVの方が良かったくらいです。面白いものですね。
非常に残念なのは、市販のDVDや録画したDVD-Rを再生すると、荒が目立ってしまい。とても鑑賞に耐えられないこと。まさか、市販のDVDでもだめだとは思いませんでした。やはり地デジやハイビジョン対応のレコーダーを買わなければいけないのでしょうか。
f0075207_217726.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-28 22:17 | Comments(0)

平成19年08月27日(月)晴れ

胃カメラ
 十年振り位だろうか、久しぶりに胃カメラを飲んだ。健康診断で胃ビランと診断されたからだ。胃が荒れているようだ。今のカメラは前回よりも一回り小さくなった気がした。と言っても9mmとのこと、苦しいのは変わらない。麻酔も昔と変わっており凍っているドロップをなめさせられた。何だ飴をなめるくらいなら楽だなと気を緩めた瞬間、中から得体の知らないゲル状物質が出てきて、思わずオエー!始まる前から縁起の悪いこと。
 さて、診察して横になり、再度スプレー式の麻酔をかけた。そして、マウスピースをくわえる。そしていざ、カメラの登場となった。二回目なので、いくぶんは慣れて来たかと期待したが、残念なことに、激しく苦しい。吐きそうである。最初はこらえられたが、カメラが動くたびに地獄であった。
 看護婦さんがしきりに、背中をさすってくれる。本当にありがたい。地獄に仏を見る感じ。先生の言うように、ため息を吐いていると落ち着くが、胃の中の空気が一定のレベルになると、出て来てしまうのです。吐いてしまうと、胃に空気が無くなり、中が見られません。また、空気が溜まるまで暫し、待つことに。そんな状態で三回もゲップをしてしまいました。どうやら、多い方のようで、終ったら皆さんが笑っていました。ちょっとはずかしかったかも。
 状況は常時モニターが見られるのでよく分かる。先生も目をつぶると吐きやすくなるので、しっかり見るようにとのこと。画面にはしっかりと、赤いビランがいくつか見えました。しかし、とりあえずは対応の方法は無いとのこと。またしても、精神的な問題なのかも。
f0075207_210896.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-27 22:04 | Comments(2)

平成19年08月26日(日)晴れ

アクオス
 今朝、ようやく液晶TVが届きました。お馴染みのシャープ・アクオス、亀山モデル。先週ビックカメラでセールをやっており13%還元なので踏み切りました。というのは口実で、実はとても大変なことを発見したからでした。(大げさ)というのは、当方のリビングは昔のオーディオ・ビデオのために構築されており、TVは25型まで入るラックを自作しました。しかし、このラックは他のラック類と合わせているため、どうしても、この中に納めるか、いっそ全部を交換する必要があります。そうすれば、何インチの液晶TVでもOKなのですが、ここまで機器があると、どうしてもそれに合わせなければいけません。すると液晶TVだと最大26インチまでとなります。実際、検討された方なら分かると思いますが、一般家庭の標準タイプは32型です。26はかなり小さく感じます。そこでいろいろ検討したのですが、やはり面倒で26にすることにしました。
 ところが先週、その26インチでもほとんどのものが入らないことが分かりました。スタンドがあるからです。勿論、スタンドを取って、壁掛け式にすれば32でも入るのですが、地震時の対応等少々不安があるのでやめました。そこで、唯一入る横長のシャープ・アクオス26型にしたのですが、すでに時遅しで売り切れ状態。でも、他店で特価販売をしているのを知っていたので、その旨話すと、あちこち調べてくれて結果、系列他店より取り寄せにしてくれました。その分遅くなりましたが、まあ良いでしょう。ラックに入るのですから。でも、寸法上、上部の空きは4mmというヒヤヒヤ状態です。因みにお値段は¥99800の13%還元でした。
 セットして分かったのは、本当に配線が複雑になりましたね。家庭では電気に詳しいお父さんがいないと無理かも。お店の方にセットを頼まないと難しい家が多いかも。結構セッティングに時間がかかりましたが、何とか午前中に終了。ちょっと、NHKの地デジだけが電波が弱くて、レベル50以下です。だから時々ノイズが入るので、何とかしなければいけません。
 それから一番の感動はやはり、BSハイビジョンでしょうか。DVDがあればもう十分と思っていましたが、ブルーレイDやHDDVDが作られた理由が良く分かりました。そう遠くないうちに検討することになりそうです。欲望は果てしないですね。
f0075207_21341588.jpg
HPへ
アメリカンブルー
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-26 22:31 | Comments(0)

平成19年08月25日(土)晴れ

揚げ饅頭
 今日は、巡回前にジャンクデジカメでお世話になりっぱなしのKBさんとUさんと合流して、昼食会をしました。どうやら、Uさんがジャンクデジカメを希望されたようで、その引渡しも行ったのです。なお、KBさんは今日もすでにジャンクデジカメをゲットされたようで、収集熱は真夏のように熱いようです。
 さて、今日はお蕎麦のおいしい「まつや」で大もり蕎麦をいただいたのですが、大繁盛なので、お話はあまりできません。そこで、近くの甘味処「竹むら」に移って最近のジャンクデジカメ談義となりました。
 このお店のお奨めは揚げ饅頭。東京の方々はあまり知らないかも知れませんが、当方の田舎ではお盆の必需品。スーパーに行くと専門のお饅頭が沢山売っています。なぜお盆なのかは知りませんが、これを食べないと帰省した気になれません。とても田舎を感じる食べ物になっています。
 食してみると揚げたてで、サクサクしており、とても美味しいです。しかし、正直、田舎のものと変わらないなあ、ひょっとして、中身の製造メーカーは同じではないかと思えるくらいでした。でも、東京でこれをいただけるお店があるのを知っただけでも成果でした。饅頭二個と渋茶付きで¥430、リーズナブルです。この辺のお店は、風情があっていいですね。長く残してほしい街並みです。
f0075207_21104096.jpg
HPへ
竹むらです
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-25 22:59 | Comments(0)

平成19年08月24日(金)晴れ

山椒太夫
 ご存知森鴎外の作品(原作は安寿と厨子王)をDVDで見ました。いつものツタヤ半額セールだからです。監督は溝口健二、モノクロの古い映画です。当方は、最近の映画にどうも興味が沸きません。派手なアクション、何でもありのCG、マンネリのアニメと、どうも年に合わない気がするのです。そこで、ツタヤの半額セールがあるたびに古い映画を借りてきます。古くても名作は心に響きますから。
 さて、ストーリーは有名すぎてお話するまでもないのですが、一応書きましょう。時は平安末期、主人公の厨子王は、地方の偉いお役人の子供でした。ある時、父親が策略にはまり失脚したため、母子で京に逃げました。しかし、その途中、人攫いにつかまってしまい、不幸な人生を歩むことになってしまいました。しかし、厨子王は逃亡したのち出世し、最後に母と再会するというお話。といっても、決してハッピーエンド的ではありません。それは、全体に渡る悲壮感がもの凄いからです。
 奴隷にされても、社会のシステムががちがちになっていたからどうにもなりません。当時は、どんなに悪いと分かっていても、社会全体が直らないと直せないシステムでした。今でも同じようなものはありますね。人間が社会を形成している以上、決して無くならないものです。強いものが富の多くを集め、その子孫だけがそれを引き継ぐ。お金のあるものが常に良い立場にいる。貧しいものはいつまでもそこから抜け出せない。少し前の日本は富の平等性が強かったとおもうのですが、今の日本は二極化が明確になって来ています。貧富の差が激しい国になって来ているのです。
 厨子王は、安寿の支援のもと、山椒太夫のもとから逃げ出し、関白のもとに直訴しました。普通なら無体な話しですが、肌身離さず持っていた父の形見が功をなし、今でいう県知事に任命され山椒太夫を成敗しました。この辺は御伽噺の世界ですが、一途な考え方は見習いたいものですね。今の、日本ではくさい芝居と思われるでしょうが、このような人もいないと世は良くならないと思います。
 古い映画は、忘れてしまった古き良き日本が見える。そんな気がします。その中には、今の日本人が忘れてしまった、文化や習慣が残っていると思いました。
f0075207_20524334.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-24 22:54 | Comments(0)

平成19年08月23日(木)晴れ

クリーニング
 帰省中にお袋から、親父の形見を持って行くよう言われた。親父の一張羅であった。サイズ的には少々小さいが、直せば着られそうだったからいただいた。柄的に今は無理でも、数年後は着られるかも。いや、それよりも形見だから。
 さて、その中に白いYシャツが入っていたのだが、お袋が開封して中身を確認したのであったが、結果的に帰省中の叔父の物だったことが判明。当方らの家族が上京後に分かったので、当方が2度目の帰省の時に持ってくるよう、家内に連絡があった。しかし、トンボ返り状態であったため、連携ミスで結局持って帰らずじまいで終わった。何とも、不運の連鎖である。外れが連続するパターンですが時々ありますね。
 でも、話しはここからです。そんな結果だったので、早々にクリーニングに出して叔父に送らなければなりません。着てはいませんが、開封しているのでクリーニング店に持っていきました。そのお店は、とても良心的なお店で気に入っているのですが、着られていないYシャツを見て、「どうされました?」と聞かれた。そこで経緯を説明したら、ビニール袋だけなら入れてくれるととのこと。とてもありがたい。しかし、Yシャツのクリーニング費用が¥130(税抜き)なのを見てお断りした。今時、こんなにお安い費用でクリーニングしているのかとビックリしてしまったからだ。ほんとうに大変な価格だと思う。やっていけるのだろうかと心配だ。
 アイロンがけまで入れてその価格なら、いっそ自分のYシャツも頼んでしまおうかとも思った。洗濯はそんなに苦はないものの、アイロンがけを考えるととてもお得な気がしたからだ。
f0075207_20361113.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-23 22:31 | Comments(3)

平成19年08月22日(水)晴れ

カプチーノ
 亡くなって暫くたつが、まだ心に深く残っている。私以外の家族三人が使うPCにはデスクトップに遺影?を貼りつけている。これがまた可愛いのです。子どもがゲージの外から撮影したもので、格子が写ってしまっているのですが、それでも表情が良いため、皆、思わず声を掛けてしまうようです。
 小動物は主に愛玩用に飼われていますが、いなくなると本当に寂しいものですね。まだ、ゲージを片付けていないため、今日は何しているかと思わずゲージを見てしまいます。今でもです。しかし、居ないのですね、もう。本当に良い子でした。
 心に残る、心にしみる、心を打つ、どんな場合でも、本音の勝負、建前はありません。しかし、ご本人はまったくそんなことを知りません。まったく、欲望のままに生きていました。面白いものですね。
 ただ、下の子が晩年よく言っていました。「こんなオリに入れられて、毎日することが無い、可愛そうだ」と。何かしてあげたいとは思うのですが、思いつきませんでした。かといって外に出してあげれば猫に食べられてしまうだろうし。部屋の中に放せば、家の中がボロボロにされるだろうから。結局、最後まで狭いゲージの中でした。許せカプチーノ。
f0075207_20291618.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2007-08-22 22:25 | Comments(0)