秋葉原で買い求めた、ジャンクなパソコン、周辺機器、パーツとの悪戦苦闘日記。
by dyna_akiba
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2013年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

平成25年01月30日(水)晴れ

思いやりを
 死を覚悟した時、次のように考えました。「もし、復活できたら、病や老いで苦しんでいる。お袋や、義理父を大切にしよう。」と・・・・。元気なときは、まったく親身に考えませんでしたが、自分が病の身になったら、つくづく分かりました。人の辛さや苦しみがどんなに辛いかをです。
 よく、「分かるよ、その気持ち。」と言いますが、それは無理ですね。なぜかというと、その人の立場に代わってみないと、本当の気持ちは分かりません。理屈は分かっても、本当の苦しみは、その本人でしか分からないからですね。
 でも、分かった以上、放置するわけには行きません。早速行動です。しかし、何をすれば良いのかが、一番分からないのですね。何かを買ってあげるか、手紙を書いてあげるか、相手は老人ですから、物欲的なものより、精神的なものでしょうね。
 すぐに分かりませんが、速く実施しないと、だんだんに手遅れになるかもです。さて・・・・・。どうしましょうか。
f0075207_014469.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-30 23:13 | Comments(0)

平成25年01月29日(火)晴れ

ひょっとすると
 診断結果が出て、膀胱がんでは無さそうとなりましたが、ならば腫瘍らしきものはいったい何なのでしょうか。ふと思ったのですが、当方の症状について、いままで多くのお医者さんが見てくれましたが、誰も病名を言ってくれません。ただずっと前、30年以上も前から慢性的な膀胱炎か腎臓炎にかかっていたので、それが悪化したのではないかと思っています。
 当時、「ちゃんと治療しないと、慢性化すると困るよ。」と言われたので、それなりに治療したのですが、どうも治っていなかったのではと言うことです。つまり、慢性化した膀胱の炎症が、その腫瘍らしきものなのではということです。
 今度、行ったら先生に相談してみようかと思います。下腹部の鈍痛は24時間痛いのですが、最近睡眠時間を多く取るようになったら、かなり緩和されて来ました。ひょっとすると、体調が良いと症状が納まるのかも知れません。いずれにしても、精神的には頑丈な当方ですが、体力や持病対応が追いついていないのかも知れませんね。自愛することにします。
f0075207_011225.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-29 23:10 | Comments(0)

平成25年01月28日(月)晴れ

診断結果が出ました
 良かったです。セーフでした。膀胱に腫瘍があるかも、と言うことで、二度にわたって尿と血液の検査を行いました。前立腺の肥大をエコーで検査しているとき見つかったのです。
 15年ぐらい前から、下腹部に鈍痛があり、24時間、365日苦しんでいます。症状は、それ以外にも頻尿が伴うので、仕事にも影響があり、悩んでいました。そこで毎年数回は、かかりつけの病院へ行くのですが、正直治りません。改善もしません。前立腺が肥大しているのが原因なので、検査のたびにPSAという前立腺がんのマーカーチェックを行っていますが、毎回これもセーフでした。
 今回はじめて「腫瘍かも」ということになり、一度目の検査の時も、セーフだったのですが、もしもと言うことで、別の先生と言うか、もっと詳しい偉い先生に見てもらうことになったのです。
 検査結果は一週間後に分かるのですが、事前に、かなり丁寧に説明してくれたので、心配になってしまったのですね。そこで帰宅して、インターネットで調べたのですが、腎臓の腫瘍は、かなり危険であることが分かりました。その夜はショックで寝られなかったです。次の日もですが・・・。
 一週間は、もしものことを想定して、保険の計算や書類のまとめをしました。家族に知らせるためですね。でも、どうやって説明するかは、最後の最後まで悩みました。
 その結果、変に心配させるのは可愛そうなので、病院の診断が出るまでは秘密にしておこうと思ったのですが、結果的には無理でした。当方の状態が尋常ではなかったからですね。家内にはバレバレだったのです。
 まあ、セーフと診断はされましたが、腫瘍らしきものはあるので、一ヶ月間は経過観察をするそうです。
f0075207_064868.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-28 23:00 | Comments(0)

平成25年01月27日(日)晴れ

レストランでディナーを
 就職した上の子供が、ホテルのレストランでディナーを家族にご馳走してくれました。病気の件は、変に心配するといけないので、家内だけに話しています。まだ確定したわけでもないからです。
 偶然ですが、上の子が4月に初給料を頂いた時にギフト券もプレゼントしてもらったので、この機会に記念の品を渋谷で買って来ました。偶然、東急東横店東館が再開発で閉店するため、セールをやっており、皮の財布・パスケース・ベルトの3点も買えてしまったのでした。
 ディナーのお礼、財布やパスケース等も買ってもらったお礼と、何か隠している病気の件もからんで、とても感情的になってしまいました。でも、子供達には、心配をかけられませんので、表には出せないですね。
 まだまだ、「仕事が辛い。」とボヤイテいた上の子ですが、何とか頑張ってほしいものです。そして速く安定してほしいですね。親がいつまで健康でいられるか、分らなくなって来ましたから。
f0075207_1272341.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-27 23:19 | Comments(0)

平成25年01月26日(土)晴れ

秋葉で走馬灯が
 悩んでいても仕方ないので、いつものように秋葉に出かけました。そうすれば嫌なことも忘れられると思ったのです。
 今日はラジオデパートを、パソコン以外の目的で回って見ました。ワニ口充電器用のカツ入機の作成のためなのです。オーソドックスな部品は昔から全く変わりませんね。形状も価格もです。それらの電子パーツを見ていると懐かしさがこみ上げて来ました。
 アンテナを張る時に使った玉ガイシ100円、仮配線する時に使うミノムシクリップ30円など、電気に夢中になった小中学校時代と何も変わっていない気がしました。もう40年も昔の話しなのに・・・・・・。
 田舎に居た頃、兄貴と電気工作に明け暮れた日々が走馬灯のように頭の中を駆け巡りました。懐かしいです。
 体調が悪いのに、何もできない苛立ち、病を忘れようと秋葉に来たのに、何も手が付かない、そんな感じです。
f0075207_1173213.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-26 23:11 | Comments(0)

平成25年01月25日(金)晴れ

さてこれからどうするか
 今年は良いこと沢山あると良いなあ。と思っていたら、不意打ちを食らうかのように、腫瘍らしきものが膀胱に発見されました。人生いろいろな事がありますが、これは最後の試練になる可能性があるので、心の準備、家族への説明方法、何かと準備が必要です。
 短期間にどうにかなってしまう話しでは無いので、準備する時間はたっぷりありますが、溜まりにたまったパソコン等、身の回りの整理を進める必要があります。
 特にHPの運用をどうするかが、課題ですね。恐らく、そう遠く無い内に、活動は出来なくなる可能性があります。更新作業は、しばし可能ですが、長期は分かりません。
 一番厳しいのは、週末隊でしょうか。レポート作成にかなりのパワーがいるので、多分無理でしょう。
 いずれにせよ、メンバーに相談しないといけませんね。

    「追伸:とりあえずセーフのようです。ご安心を!」

 
f0075207_192528.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-25 23:08 | Comments(0)

平成25年01月24日(木)晴れ

困りました
 病院に行って来ました。長い間、前立腺肥大で悩まされていましたが、意外なことが分かりました。それは、前立腺肥大だけでなく、膀胱に腫瘍らしきものがあるのが発見されたのです。
 まだ、詳細は、血液検査と尿検査が残っているので、確定ではありませんが、超音波では、ハッキリ出ていました。
 ただ、膀胱の腫瘍に良性はほとんど無いようなので、覚悟が必要のようです。インターネットでいろいろ調べましたが、厳しい戦いになりそうです。
 今まで、15年ぐらい下腹部の鈍痛に悩まされ、何だろうと、あちこちの病院を巡って来たので、今さらの原因発見にイラダチすら感じますが、事実なら受け入れるしかありません。定年まで、上手く行けば持つかも知れませんが、運が悪いとアウトかも。
 何かあるのは事実のようです。立ち向かうしかありませんが、さすがに昨日は眠れませんでした。

   「追伸:とりあえず、セーフとなりましたので、ご安心を!」

f0075207_155364.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-24 23:39 | Comments(0)

平成25年01月23日(水)晴れ

どうにも
 相変わらず下腹部の鈍痛が収まりません。四六時中、24時間続くので、忘れる方が楽なのですが、苦しい時は、それすら出来ず、かなり辛いです。
 昨年暮れに、再度病院へ行き、検査をしましたが、特に異常は無く。症状緩和用の前立腺の薬をいただき飲み続いています。
 しかし、変なので、更に詳しく調べていただくことになりました。
f0075207_0323396.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-23 23:31 | Comments(0)

平成25年01月22日(火)晴れ

作りたいのですが
 やりたい事が沢山あったのですが、体調が悪く、思うようになりません。パソコンの電源も入らない日も数日ありました。
 まず、やりたいのは、簡易カツ入機の作製です。と言っても、たいした物ではありません。ACアダプターに抵抗を付けるだけです。ただ、ショートさせないようにするための、方策が見付からず、悩んでいたのでした。ワニ口充電器の需要が多いのに、かつ入れが必要なバッテリーが、結構出てきてしまったのです。
 長い間使用しないでいると、バッテリーが寝込んでしまうようで、ワニ口充電器レベルの容量では、目が覚めないようでした。どうやら容量不足のようです。
 ちょっと体調が悪いのですが、頑張って作りましょう。
 
f0075207_0241013.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-22 23:15 | Comments(0)

平成25年01月21日(月)晴れ

R25新年のことば
 毎年楽しみにしている石田依良氏の今年初めてのエッセイを読みました。おそらく、年末に書かれたのだと思いますが、かなり的を得ているので感心しました。
 それは、「若者は頑張って恋をし、子供を産みなさい。」ということです。こればかりは若い方でないと、いけません。エッセイによると、最近の女性は、第1子を産む年齢が30代になったとのことです。晩婚化が進み、ますます我が国の出生率が下がりますね。
 人の数は、直接国力につながります。我が国の生産性が落ちても、一億人の人口があれば、内需だけでも相当な経済が発生しますから。
 それには、結婚出来る就職、家、教育費と、課題は山積です。でも子供は国の宝であることは、間違いないので、その辺の政策も大切だと思います。
 やはり、若い人は「恋せよ乙女」でしょうか。今となっては羨ましい限りですが。
f0075207_0412081.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2013-01-21 23:40 | Comments(0)