秋葉原で買い求めた、ジャンクなパソコン、周辺機器、パーツとの悪戦苦闘日記。
by dyna_akiba
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平成26年05月31日(土)晴れ

前立腺がんとの戦い(序編1)
 5月上旬に、前立腺がん対応として全摘出手術を実施し、現在自宅でリハビリを行っています。リハビリの目的は早期の日常復帰なのですが、患部の痛みと尿漏れなどがあり、ハードルはかなり高いですね。そこで痛み止めを飲みながら、普段の生活も少しづつ始めて、徐々に克服するしかないようです。ただ、先日痛み止めの薬が終わってしまったので、辛いですね。痛くて何もする気になれません。
 さて、今般の「前立腺がん」克服のプロセスは、まだまだ続くのですが、活字にしておかないと、自分でも忘れてしまうので、秋葉レポートが復活する前に、まとめることにしました。
 そもそも、前立腺との戦いは、過去のブログや記憶をたどると、15年くらい前から始まっていました。下腹部が重く感じ、状態が悪くなると通勤途中の電車から降りて、ベンチで横たわる時も何度かあったのです。それと、オシッコの量が減り、回数は増えてしまい、長時間の会議は本当に困りました。
 当然、近所の病院から始まり、大学病院まで、いろいろと回りました。しかし、病名を言ってくれる病院は無く、とある病院の先生からは、「こころの病だ」とも言われてしまったのです。ただ、総合的に判断すると、「前立腺関連の病気であろう。」ということになり、インターネットで決めうちして、評判の良い病院を定め、徹底して通院したのです。
 その病院では、前立腺肥大と判断し、症状(オシッコの出が悪い)対応として、ハルナール錠を処方してくれました。そして、手術してまで対応する必要はないでしょうとして、死ぬまで薬でのお付き合いと決めたのです。ただ、前立腺がんになる可能性もあるので、定期的にPSA(前立腺がん腫瘍マーカー)値を測定し、注意しましょうとなっていたのでした。
 このPSAは4以上が、がんの可能性が高いゾーンで、当方は何年も前から2から3をフラフラしていました。正常の方はもっと低いので、当方はおそらく前立腺肥大のためであろうと判断されていたのです。
 しかし、昨年の7月の測定で、ついに4を越えてしまい、もう一回半年後に測定して下がらなければ、生体検査を行うこととなったのです。その結果は、すでに書いたとおり、12月の検査でも4以下にならず、翌年2月に生体検査を行いました。
 生体検査というのは、会陰部から前立腺に12本の針を刺して、細胞を採取するのです。それを検査してがん細胞の有無を確認するのですが、当方は1本から見つかり、5月の手術となりました。
 何本検査しても見つからない場合もあるので、たった1本であっても、存在しているがんを見つけることが出来たことは、本当にラッキーだったそうです。別な先生2人から意見をもらえたのですが、皆さん同じ意見でした。「がん」の告知でショックを受けるのが一般的ですが、前立腺がんの場合は、「早く見つかったので良かったです。」が当方の本音でもありました。
f0075207_1349854.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2014-05-31 23:45 | Comments(0)

平成26年05月25日(日)晴れ

退院しました。
 ども、Dynaです。おかげさまで、手術は成功し、無事退院することも出来ました。
 皆様方におかれましては、ご心配をおかけして、大変申し訳ありませんでした。
 また、沢山の励ましの声をいただき、ベットの上で携帯やスマホで見ながら、
 本当に「生きる力」を頂いたと思っています。ありがとうございました。

 術後は、激しい痛みがあって、掲示板や日記を見ることは何とか出来ましたが、
 書き込みは、さすがに出来ませんでした。まったく気力が沸かないのです。痛くて!
 それでも、報告が遅くなると、皆さんが心配されると思い、「生きています」と掲示板に
 何とか書き込みしましたが、それが精一杯だったのです。
 そのかわり、見ることは出来ました。「ガンバレー!」のコメントに涙が出てしまい、
 「絶対!生きるぞ!」と励みになった次第です。この気持ちが、後の回復スピードに
 大きく影響したと今では思っております。
 看護師さんから「歩きなさい」と言われても、体中にチューブが付いており、まったくの
 タコ足配線状態。
 どうやって?と思いながらも、歯をくいしばって、歩くと、やがて少し痛みが取れるのでした。
 でも、隠れていた新しい痛みが出て来ましたが・・・・。

 現在、家でリハビリを行っておりますが、患部の痛みと術後の副作用との戦いが
 続いております。ただ、行動しないと、回復も遅れるようなので、少々痛いのですが
 HP更新を再開します。

 秋葉巡回は6月以降になると思いますが、それまでの間は、手術等について
 日記にて、まとめる予定ですので、よろしくお願いします。
f0075207_23323023.jpg
           帰宅したらオプティオスペルマムが咲いていました。            HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2014-05-25 23:37 | Comments(7)

平成26年05月04日(日)

いざ出陣です
 自己輸血用の採血1200ccが終わり、詳細な検査も終わったので、いよいよ手術本番です。5時間ぐらいかかるようですが、全身麻酔なので、最初の深呼吸で記憶は無くなり、あとは術後の世界になるとのことでした。全身麻酔は初めての経験なので、ちょっぴり不安ですね。まあ、何事も経験することが成長の糧となると思い、頑張ります。
 術後は、かなりヘビーな生活になるようですが、リハビリをしっかりやると良いようです。順調に行けば5月下旬には、何とか復帰したいのですが、自宅でのリハビリは年単位とのこと、長期戦ですね。
f0075207_1411779.jpg
HPへ
[PR]
by dyna_akiba | 2014-05-04 23:37 | Comments(6)